SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

仕事にも人生にも躍動感を!組織に協働と躍動を生み出す女性コンサルタント、インディプロス代表のブログ

<< 新しいスタート | main | 飽きた〜。 >>
エゴかコミットメントか
 
先日、ある同業の友人が、こんな話をしていました。

「自分たちは、常にクライアントのためと思って提案し、
 ときには反論や反発があっても、なんとか理解してもらおうと
 コミュニケーションを重ねている。

 でもたまに、本当にこれがクライアントにとって最善なのか。
 自分たちの価値観を押し付けているだけではないか・・・
 と自問自答してしまう」

と。


その気持ち、すごくわかるー、と、共感してしまいました。

人や組織の分野というのは、いくつかの通説や様々な手法論
(コーチングなど)が唱えられていますが、

基本的には、全ての問題に対応可能な万能薬や、100%の正解は
ないと思っています。


だからこそ私たちは、クライアント個別の状況や課題に着目し、
そこに最も適しているであろうと考える「最適解」を
ご提案するわけですが、

それはあくまで仮説であって、「絶対解」ではないだけに、


 本当に最善の策なのか、

 自分たちの思い込みではないのか、

 自分たちの考えを押し付けているだけでは?


といった疑問や不安といったものが常につきまとうのです。



もちろん、自分が行う提案が最善である、という自信や信念を
持つこともとっても大切。

自分なりのこだわりや思い入れがないと、説得力もないし、
実効力もないからです。



だから、今の自分のこのこだわりや信念は、
コンサルタントとしての自分の単なるエゴなのか、
それとも、クライアントに対するコミットメントなのか、

ということは、常に行うべき自問自答であるとも言えると思います。



ちなみに私は、この問いに対しては、先方の担当者や役員の方々と
徹底的に議論することで、単なるエゴにならないようにしながら
最適解を導き出すようにしているのですが、

「自信・信念」と「柔軟性」のバランスを取っていくのは
結構難しいな、と日々感じています。




エゴかコミットメントか、

信念を貫くべきか柔軟に考えを変えるべきか。


とっても難しく、悩ましい問題ですが、
私たちのこの不安や自問自答はこの先も続くのだろうな・・・と、
友人の話を聞いて、そんな風に感じました。



いずれにしても、同じような悩みや疑問を抱きながら、
クライアントに最高のバリューを提供しようともがいている友人が身近にいて、

なんだか嬉しいような、心強いような、そんな感覚を抱いた夜でした。。。





| 起業家として、コンサルタントとして... | 18:29 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









http://pro-blog.indipros.com/trackback/1345694