SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

仕事にも人生にも躍動感を!組織に協働と躍動を生み出す女性コンサルタント、インディプロス代表のブログ

<< ラー油 | main | 成長 >>
読む力・書く力
 
よくないお天気が続き、ふと地面を見ると、
随分と桜の花びらが散っていました・・・。

なんだかちょっと寂しい気分になりますね。

ただ、私は、葉桜へと移行する時期の、ピンクと緑の入り混じった
まさに「桜餅カラー」の桜の木も大好きです。(o^-')b


=====


先日、新人研修のお手伝いをしていた際に、
「最近の若者は読み書きができなくなってきている」という話を聞きました。

読み書きというのは、

 読み:文章を読んで真意を掴む力(=読解力)
 書き:人に伝わる文章を具体的に書く力

だそうです。


その場にいた方々と、この現象は何に起因しているのだろう・・・と、
そんな話をしていました。


「若者の能力が低下しているのはゆとり教育が原因。」と結論付けるのは
簡単なのですが、この読み書きに関して言うと、
もっと違うところにも原因があるのかな、と感じました。



読むことも書くことも、話す・聞く・見ると同じように、
コミュニケーションの「手段」の一つ。

その善し悪しを決めるのは、そのベースにあるその人の中身(コンテンツ)
だと考えています。


いくら書く技術を学んでも、その人の中に発信したいコンテンツが
なければ、相手には届かない、

いくらたくさん文章を読んでも、そこに書いてあることに心が響くような
感受性がなければ、その真意を本当の意味で理解することはできない、

と思うのです。



実は私も、学生時代は、この「読み書き」が本当に苦手でした。

受験でも、一番のネックは現代文(+論文)だったくらい。


それが今は、こうしてブログやメルマガなどで文章を書いたり、
書物を読んで人並みに学びや感動を得たり、

当時よりもはるかにこの分野の能力は上がったと、自分でも思います。



その要因は何だったのか・・・と考えたのですが、

人との関係の中での経験をたくさん積んだこと

が一番大きかったのではないかと感じました。


学生時代と言うのは、同じような生活、同じような考え方をする人たちに囲まれ、
何の衝突もストレスもない環境で育ったので、

それほど深く深く問題を掘り下げたり、自分の想いを伝えるために
一生懸命言葉を選んだりするような場面には、滅多に遭遇しませんでした。


だからおそらく、とても視野の狭い、均質の価値観の中で育った、
コンテンツの乏しい少女だったのではないかと思います。



それが、大人になって、次々と新しい環境・状況を経験し、
時には全く違う価値観や考えの人と真正面からぶつかりあったり、
その中で自分自身のいろんな感情の変化を知ったりする中で、

人に伝えたいことが出てきたり、いろんな人の気持ちがわかるように
なってきたりしたのだと感じています。


そしてそのころから、自分自身の伝える力や受け止める力
というのも高まってきたのではないかと思います。



人との関係の中で学ぶことは本当に多いし、大きいと思います。


最近の若者は読めないし書けない・・・。

そんな問題を感じたら、「読みなさい。書きなさい」ではなく、
(もちろんそれも大切なのですが、)

「もっと人と真剣に関わりなさい」

といった指導や場づくりが、人材育成の場ではとても大切なのかもしれない


・・・と、そんなふうに感じた研修現場でした。






| 組織・人材マネジメント | 18:14 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









http://pro-blog.indipros.com/trackback/1355386