SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

仕事にも人生にも躍動感を!組織に協働と躍動を生み出す女性コンサルタント、インディプロス代表のブログ

全てが生き物

最近、前職の同僚や先輩方とお会いする機会が多く、
お互いの近況や今の悩み、今後のことなど語り合い、
懐かしい時を過ごしています。

(たぶん、ほとんど全員にお会いしたような・・・)


社内で新しいチャレンジを続けている人もいれば、
仲間と起業した人もあり、そして、一人で独立した人もチラホラ・・・。


それぞれが違う立場ではありますが、
同じ業界で仕事をする者同士、いろんなところで意気投合する部分が多いです。



なかでも深く共感しながら語り合うのは、
自分たちが属する人事・人材業界の今後と、自分たちのあり方について。


私たちのような人事コンサルタントや人材育成企業は、
サービスや存在意義のあり方が、数年前とは大きく変化しつつあるのが
明らか。

サービスを提供する形態や方法もそうだし、自分たちが拠り所とする
価値観みたいなところも、そしてもちろん、
お金のいただき方も・・・。

お客様からの期待が、刻々と変化しているのを感じています。



そんな中で、自分らしさを保ちつつ、この大きな変化に対応していくには
どうすればよいのか・・・というのは、同業界で働く方々共通の課題
なのではないかな、と思います。


もちろん、クライアントや市場が求めるものに合わせて、
自分たちの体制やサービスのあり方を変えていけば良いのだ、というのは
簡単ですが、

今まで築いてきたものへの思い入れや、ちょっとしたこだわり、プライド、
愛着や変化への恐れなどと向き合っていくことは、

それほど容易なことではないな、、、とつくづく実感します。



そして、そんな悩みを仲間たちと共有し、会話を続けながら
自問自答した先に行きつくのは、

「自分たちは、どういう人生を送りたいのか。
 仕事を通して何を実現したいのか。」

という壮大な問い。



いろんな要素が絡み合っているから、「コレだ!」という明確でシンプルな
答えを出すことなんて、そんなにすぐにはできないと思いますが、
今の私たちは、こういう問いに直面すべき時期にいるのだと思います。


会社も組織も、事業も業界も、もちろん自分たちも、
常に変化にさらされる「生き物」なんだなぁ、ということを、
日々体感しています。



そして、そんな思いや悩みを共有し、語り合える人たちに囲まれていることは
とてもラッキーだなと思います。






| 起業家として、コンサルタントとして... | 13:41 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
ベンチャー人事交流会

忘年会&パーティ3連チャンの3日目、昨日は、ベンチャー企業人事の方々との
交流会でした。

ベンチャーとはいえ、聞けば誰もが知っている会社の方々。

しかも、若くして(ほとんどが私より若い!)社内の主要ポジションで
活躍する皆さんのお話を聞いて、私自身とても刺激を受けました。

(といっても、大半は等身大のたわいもない話でしたが。。)



この日初対面の方もいれば、現在お付き合いいただいているクライアントの方、
そして、お問い合わせいただきながら、一緒にお仕事させていただくに
至らなかったお客様まで、総勢約20名(?)。

このつながりを大切に、お互いのレベルアップに貢献できるような
関係を築いていけたらな・・・と思います。



最初から最後まで、一度もテンションが下がることなく盛り上がり続け、
気づいたら深夜の3時。

普段あまり夜遅くまで出歩かない私ですが、本当に楽しいひとときでした。



アレンジしてくださったFさん、本当にどうもありがとうございました。





| 起業家として、コンサルタントとして... | 23:34 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
“ヒトとしての私”が試されている

この仕事をしていると、どんなケースでも、
結局最後は「みんな生身の人間なんだ」と実感する課題に直面します。


有能な経営者でも、百戦錬磨の人事でも、マネジメントの達人の上司でも、
結局みんな一人のヒトで、

そこに一番の、越えなくてはならない山があったりもします。



仕組み作りというのは、ときにはマクロな視点で、機械的・論理的な
思考で考えていかなくてはならない部分も多いのですが、

それだけではやはりダメで、人に対する感度や人間的な温かさも
持ち合わせていないと、最後の最後で行き詰ると思います。


かといって、ずーっと熱い思いや人間性ばかりで突き進んでも
前には進めない仕事なので、

そのときどきで、冷静な自分と熱い自分を使い分けないといけない・・・、
なかなか難しいコントロールが必要だなぁ、と、いつも思います。



そして今は、いくつかのテーマが佳境にさしかかり、
“ヒトとしての私”が試される局面を迎えている、、、と感じています。

“「生身の人間」の課題”には、“ヒトとしての私”で
ぶつかっていかないと、解決の糸口は見つけられないと思うのです。



制度設計とは違い、考え方のパターンも方法論もない世界なので
悩ましいことも沢山ありますが、

とにかく誠心誠意を尽くし、気持ちをオープンにして取り組むことだけは、
常に心掛けないといけないなぁ、と肝に銘じています。。。







| 起業家として、コンサルタントとして... | 15:29 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
「女性」と「コンサルタント」の親和性
 
先日、前々職時代の先輩と話をしていて、

「女性にとって、コンサルタントという職業に就くことの是非」

という話題になりました。


このテーマを議論するときには、

 ○女性の特徴(強み)をコンサルティングに活かすことはできるのか?

 ○女性のライフサイクルとコンサルティングという仕事の親和性は?

という大きく2つの観点があると思うのですが、先日の話のテーマは後者。



まず私個人的には、女性のライフスタイルとコンサルタントのワークスタイル
を考えたとき、

女性とコンサルティングの仕事との親和性は非常に高い

と思っています。


ひとつは、プロジェクト型であるために、メリハリのある働き方ができること。
(働かない期間と働く期間を明確に区切ることも可能)

そしてもうひとつは、必ずしも特定の場所に張り付く必要がない。
(極端な話、お風呂に入っていても仕事はできる。もちろん、IT系などは
 事情が違うけれど。。。)


だから、(クライアントとの打ち合わせなど、外せない約束ももちろんあるものの)、
プライベートとの両立は比較的やりやすいのではないかなと思います。




ただ、そこには、顧客へのコミットメントやクオリティへのこだわり
は決して忘れてはいけない
という大前提があります。

そして、それが意外と難しい。


家事や育児という、全く違う頭の使い方をするタスクと両立させることが
そもそもひとつの壁としてあるし、

一定のクオリティを出そうと思うと、細切れに時間を使うだけではダメで、

そのことだけに思考を集中し、自分のモードもそこにどっぷりと浸かるような
時間を、一定以上連続して設けることが不可欠。


これらのことが解り、実践できて初めて、
冒頭のライフスタイルとワークスタイルの議論ができるのだと思います。




じゃあ、上記のようなマインドはどうやったら身に付け、
持ち続けることができるのか・・・ですが、

自分のココロとカラダ、それも、一番奥深いところに価値観を根付かせる
ことが重要で、そのためには、やはりある一定期間は、仕事だけに没頭し、

 コンサルタントとしての価値とはどこにあるのか、

 プロとしてお客さんに認めてもらえるクオリティのラインはどこなのか


を、徹底的にたたき込む時期が必要だね、と、そんな話になりました。


そしてそれは、若ければ若いほど良い、と。


で、私は新卒でA社に入って良かったと思っているんですよ、という結論になったのですが、、、



なかなかそれって、まだ就職もしていない大学生に伝えるのは難しいこと
だけれど、

将来後悔しないように、ちゃんと就職先を見極めて、若いころの時間を有効に
使ってもらいたいですねー、

と、そんな雑談でした・・・。








| 起業家として、コンサルタントとして... | 14:56 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
「ヒトのプロ」考
 
以前、「“ヒトのプロ”キャリアを極める!」という単発のセミナー
を行ったのですが、その関連企画として、

人事コンサルタントが語る 「ヒトのプロ」考

というブログを書いていました。


ただ、一つひとつのコラムをかなりじっくりと考えて書いていて、
その重さに耐えきれず、間もなく中断という無残な姿に・・・。



でも、思いのほかこのブログを気にしてくださる方がいて、

「いつ再開するんですか?」

なんていうお言葉もいただき、嬉しくも悩ましい日々でした。


それが最近、これからやろうとしていることを考えたとき、
このブログを活用する意味があるのではないか、と思い始め、
これからの使い方を考えております。


まずは、再開の決意として、更新が滞っている間にたまった
スパムコメントを、一斉に削除してみました。

(またすぐ付くかもしれないけど。。)



さて、これからどうなるか??

もしかしたら、自分自身のメモ的なものになるかもしれませんが、
思考を深めることを忘れないためにも、

なんとか活用してみたいと思います。







| 起業家として、コンサルタントとして... | 11:30 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
ITってスゴイ
 
いつもお世話になっている某社の新規事業案件の打ち合わせで、
技術系の会社様を訪問。


「技術をもっともっとビジネスで有効活用する」をテーマに、
とってもユニークなサービスを展開されています。

(ユニーク過ぎて、理解されないんだよね・・・などと
 おっしゃっていましたが^^;)


今回は、映像関係の技術について教えていただきに行ったのですが、
もう今は、技術的には本当にいろんなことができる時代になった
のですね・・・。


お話を伺ったKさんいわく、

「たいていのことは実現できますよ」

とサラッと。



私が以前から「やりたいなぁ、、、」と漠然と考えているサービスも、
技術的には実現可能ということが判明。

そのほかにも、人事・人材育成関連だけでも、本当にいろんな可能性が
考えられて、

お話を聞きながらワクワクが押さえられませんでした。



ITの世界って、進化のスピードも速いけど、その幅もとっても広い。


何か新しいことを考えたいと思ったら、
ITの動向をウォッチしておくことを、怠ってはいけませんね。






| 起業家として、コンサルタントとして... | 18:44 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
休日出勤
 
今日は、午後のまるまる5時間、クライアント先での
役員ミーティングでした。

とても大事なミーティングだったのですが、
本質的な議論ができ、決めるべきこともほぼ決まって、
今はとても心地よい疲れの中にいます。


こちらのお客様とは、もうすぐ1年のお付き合い。

最初はコミュニケーション不足などがあって
いろいろと問題もあったのですが、

時を経るにつれ、接する時間も密度も濃くなり、
今ではとても良い信頼関係の中で仕事ができていると思います。



仕組みづくりというのは、コンセプトをしっかり決めて、
それに合った仕組みをちゃんと作って・・・という
構築力も大事なのですが、


その過程の中で、関係者とどれだけ議論を尽くしたか、
ということが、

制度をどれだけ生きたものとして活用できるか、
制度にどれだけ魂が込められるか

を左右すると思っています。



なので、私たちとしても、頻繁に打ち合わせをさせていただけたり、
終わりを気にせず議論できる場をいただけたりすると、
非常にありがたいです。


そういう意味で、今のお客様とは、仕組みを活かしていって
いただくための土台となる関係性が、ようやく出来てきたな、
と実感しています。



お休みの日にも関わらず、一切時計を見ずに5時間も議論に
参加してくださったメンバーや経営陣の方々に、本当に感謝したいです。









| 起業家として、コンサルタントとして... | 20:15 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
インタビュー
 
今日は、ちょっとしたインタビューをしていただきました。


内容は、私が仕事を通して実現したいことや、
自分の専門性を通して世の中やクライアントにどのような貢献をしたいのか、
ということ等々・・・。

なんか、あんまりうまく考えをまとめることができなかったのですが、
今考えていることを全力でお話してきました。

(終わったら、なんか汗かいてました。。。)



思えばちょうど1年くらい前にも、こちらでインタビューをしていただいた
のですが、こういう場があると、自分が普段考えていることや、
漠然と意識していることが明確になって良いですね。


しかも、過去と現在で少し変わってきた部分もあることがわかったりして、
気づきも多かったです。



こういう機会が定期的にあると良いですね。


誰でも良いからただ聞いてもらうというのも良いのですが、
誰かに何かを伝えようとして、自分らしい言葉を一生懸命探して話をする
場があると、もっと良いと思います。



定期的にお届けしているメルマガやレターの中で、
一年に一度は、こうやってインタビュー記事を作ってみる、というのも
良いかも。。。








| 起業家として、コンサルタントとして... | 17:24 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
ノウハウをお伝えする仕事
 
私たちが普段行っている仕事というのはいくつかの種類に分類されるのですが、
今年に限っていうと、人事制度構築の仕事がほとんどでした。

(去年は研修やワークショップの仕事が大半だったのですが。)


そんな中で最近は、私たちコンサルタントがどっぷりとクライアント先に
入り込んで制度を構築する、いわゆる「制度構築コンサルティング」とは、
少し変わった形態の仕事が増えてきています。


それは、これまで培ってきた人事制度構築に関するノウハウをご提供し、
実際の構築作業はお客様先で行っていただく、というタイプのもの。

(ちなみに人事制度の家庭教師というのは、そういうコンセプトのもとに
生まれたサービスです)



しかも、通常私たちのクライアントとなるような事業会社様だけでなく、
同業界に属する会社の方々(他分野のコンサルタントやIT系企業など)から
レクチャーを依頼していただくケースが増えているのも、最近の特徴です。


暗黙知化されたものを体系化・マニュアル化する作業は自分の仕事の
ひとつだと考えているので、このようなオーダーは、喜んで受けさせて
いただいています。



ただ、もともと「出し惜しみ」というものが得意でなく、
せっかくなら全てを持って行ってもらおうと、全部を出し切るタイプなので、

競合を増やしてしまうのではないか、

自社の強みや競争力を流出させてしまうことに繋がるのではないか、

という不安やジレンマはいつも付きまといます(^^;)。



でも考え方によっては、新しいステップに進むチャンスなのかも、
とも思います。


 いつまでもこれまでのやり方にしがみつくのではなく、
 これまでに培ったものはどんどん他の人と共有して、
 自分はまた新しいステージに進みなさい



最近の身の回りの展開を考えると、そう言われているような気がして
なりません・・・。



ということで、せっかくいただいた機会なので、
今持っている全てを出し切るつもりで、一つひとつの仕事に
全力で取り組んでいこうと思います。


ノウハウをお伝えする仕事、もっともっと出来るといいな・・・。








| 起業家として、コンサルタントとして... | 15:42 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
ストレッチ
 
昨夜は、久々にセミナーに参加しました。


ずっと、経営戦略コンサルタントとして第一線で活躍し、
今ではビジネススクールの教授としても大人気の方が講師のセミナー。

私にとっては、とても興味深い内容で、得るものが多く、
非常に有意義な時間でした。



中でも、思わず ウン、ウン と大きく頷いてしまったのは、
「ストレッチ」ということについて。


仕事でストレッチするとか、ストレッチした目標を立てるとか、
よく言うけれど、それってどういうことなのか。



講師の方の答えは、

「今の目の前の仕事に対して一生懸命取り組んで、とても苦労して、
 真剣に頑張っていると、なんだかストレッチしたような気になる。

 でも、それは本当の“ストレッチ”ではない。

 自分にとって、あるいは会社にとって新しいことに取り組んで、
 右も左もわからない中で、いろんな人を説得し、巻き込んで、
 大勢の人を動かしていく。

 そういう経験が、人をストレッチさせるのだ」


ということでした。


まさにその通りだなぁ、と思いました。



自分の責任範囲の中だけで事を進めるのではなく、人を巻き込み、
自分以外のことにも責任を負い、

自分のコントロール外の人やモノを動かしていく。


それ以上に難しいことは無いし、それ以上に学ぶことの多い場は
無いのかもしれません。



私自身の経験を振り返ってみても、自分発で新しい企画を立て、
いろんな人の協力を仰いで仕事を進めたときは、

毎日がとてもエキサイティングだし、日々が勉強でした。


そして何より、結果が出たときの達成感は格別で、
自信を持って「これをやりました!」と言えるものができて、
とても嬉しかったです。



そういえば最近は、目の前の仕事には精一杯の力を尽くして
頑張っているけれど、なんだか新しい仕掛けをしていないなぁ。

・・・というより、そういうことに臆病になっている自分が
いるんじゃないか。

自分が成長できる場を、自分自身で十分作り出せていなかったのでは・・・?


ちょうどここ何日か、そんなことを考えていました。



新しいことを始めるときって、「上手くいかなかったらどうしよう」
とか、いろいろと悩みがちですが、

あれこれ心配する前に、まずは自分から仕掛けてみるって、
いろんな意味で大事だよな、と、改めて気付かされました。



タイムリーにも、ちょうど動き出したプロジェクト。

頑張ります!







| 起業家として、コンサルタントとして... | 19:06 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |